【ORAS全国ダブル】鉢巻マリルリ入りはれあられ【部内優勝・もらいび杯3位】

代表のあずです。
11/26のサークル全国ダブル大会で優勝、11/19神戸大学六甲祭もらいび杯で3位だったパーティです。
今回の構築はメガユキノオー軸、コンセプトは「範囲技+横で一掃」です。
初めてのボルトロスとメガガルーラが居ない構築、2天候、鉢巻マリルリと色々チャレンジ要素が多かったですがうまくまとまったかなと思います。

ポケモン技1技2技3技4もちもの
ステータス特性
備考
ユキノオー吹雪エナジーボール氷の礫守るメガ石
pic0冷静 197(252)-153(4)-125-202(252)-125-31雪降らし
クレセリアトリックルームサイコキネシス冷凍ビーム手助けメンタルハーブ
pic1図太い 227(252)-*-189(252)-95-150(4)-105浮遊
リザードン熱風火炎放射ソーラービーム守るメガ石
pic2控えめ 185(252)-*-116(140)-198(4)-137(12)-133(252)サンパワー→日照り
ヒードラン熱風ラスターカノン大地の力守るシュカの実
pic3控えめ 198(252)-*-127(4)-165(252)-126-97もらいび
マリルリ滝登りじゃれつく馬鹿力アクアジェット拘りの鉢巻
pic4意地っ張り 207(252)-112(252)-101(4)-*-100-70力持ち
霊獣ランドロス地震岩雪崩馬鹿力蜻蛉返り拘りのスカーフ
pic5意地っ張り 165(4)-216(252)-111-*-100-143(252)威嚇


メガユキノオーユキノオナイトメガユキノオー
吹雪 エナジーボール 氷の礫 守る @ユキノオーナイト / 雪降らし
努力値:H252 C252 A4
実数値:197-153-125-202-125-31
性格:冷静
今回の構築の軸。
トップメタの「ボルトランド」や「トノルンパ」を中心とした雨パーティ、そしてミロカロスや草タイプ枠あたりにも強くかなり刺さっていると考えたので使うことにしました。
実は以前にも使ったことのあるポケモンでしたが、その時は「猿ノオー月光+メガガルーラ」という上からたたく超攻撃的なパーティでしたが、ゲッコウガを上手く扱えず早期退散となっていました。
その時はもはや天候要因となっていましたが、今回はこいつ自身がエースになれるべくトリックルーム展開にし、更にそれを出せない時のためにもう一つの軸を用意しました。
それが次の3体です。



クレセメンタルハーブクレセリア
サイコキネシス 冷凍ビーム 手助け トリックルーム @メンタルハーブ / 浮遊
努力値:H252 B252 D4
実数値:227-*-189-95-150-105
性格:図太い 
よく瞑想エースとして使っていたポケモンでしたが、今回は素早さ操作枠として採用しました。
メンタルハーブはボルトロスが多いことを予想して挑発対策としましたが、思ったよりいなかったのでガルーラ等にスリップが入るゴツゴツメットの方が良かったかもしれませんね。
ただトリックルームを撃った後相手のアンコールで返されるのをメンタルハーブで防げるのは評価高めだと思います。
ポリゴン2と迷いましたが、パーティを最後に見た時にパワーが足りないとは感じず、それ以上に安定して展開してくれることを望んだのでこちらの方を採用。
メガユキノオーは力強いですが、弱点を突かない限りワンキルするほどの火力はないので、その届かないところを補える技として手助けを採用しています。
トリックルームは下2体のポケモンとも相性がいいのもポイントです。



メガリザードンYリザードナイトYリザードン
熱風 火炎放射 ソーラービーム 守る @リザードンナイトY / サンパワー→日照り
努力値:H252 B140 C4 D12 S100
実数値:185-*-116-198-137-133
性格:控えめ
2つ目のメガ枠を使ってこのパーティのもう一つの軸「リザドラン」を用意しました。
メガガルーラをいつも入れていると言いましたが、実は一番使いやすいメガポケモンはリザードンYだと感じていて、前のパーティとはコンセプトが違いますが型を変えて採用しました。
この構築は前の要塞エースを作る類のパーティではないので鬼火を採用せず3ウエポン構成です。
範囲技でない火炎放射を採用しているのは、ギルガルド等ワイドガード持ちが重いためです。
下のヒードランと「リザドラン」で晴れ炎技をごり押しするのは癖になります(笑)
メガガルーラの捨て身タックル耐え調整をしていましたが、サークル大会では急所で吹き飛びました(笑)



ドランシュカのみヒードラン
熱風 ラスターカノン 大地の力 守る @シュカの実 / 貰い火
努力値:H252 C252 B4
実数値:198-*-127-165-126-97
性格:控えめ
メインウエポンの熱風、重いフェアリーへの打点を取るためラスターカノン、相手のヒードランへの大地の力、エースなので守るとどれも切れずこの構成に。
シュカの実は相手のヒードランやランドロスに対して強く動けます。
リザードンと相性が良いだけでなく、ユキノオー選出でも活躍が見込め使い勝手がいいポケモンです。



マリルリこだわりハチマキマリルリ
滝登り 馬鹿力 じゃれつく アクアジェット @拘りの鉢巻 / 力持ち
努力値:H252 A252 B4
実数値:207-112-101-*-100-70
性格:意地っ張り
このルールではオボンの実や突撃チョッキが一般的ですが、地雷枠の拘りの鉢巻。
範囲技では届かないところを補える技その2として鉢巻アクアジェットで飛ばせるだけでなく、マリルリが刺さっているときにトリックルーム下でのエースとなれ、鉢巻技でも届かないところを逆にユキノオーの氷の礫で補えるのでシナジーはいいです。
パーティの保管枠で入ってきたのですが、むしろトリックルーム下において鉢巻一致技を打てる最も優秀なアタッカーだったかもしれず、大会で一番活躍したポケモンだったと思います(笑)



ランドこだわりスカーフ霊獣ランドロス
地震 岩雪崩 馬鹿力 守る @拘りのスカーフ / 威嚇
努力値:A252 S252 H4
実数値:165-216-111-*-100-143
性格:意地っ張り
ここまでリザドランミラーとガルーラが辛いので、おそらく初めてのスカーフでの採用となりました。
実はあまりこのポケモンの物理型を僕はあまり評価していないんですが、全ての欲しい要素を満たせるポケモンがこいつしか思い当たらなかったので、今回は仕方なく採用します。
まず特性の威嚇。
これはダブルのパーティを組む上でほぼ必須要素で、ガルーラ等の物理ポケモンの攻撃を軽減させます。
岩雪崩と地震は先述の相手のリザドランへ、馬鹿力はガルーラへそれぞれ有効打点となります。
最後の枠はトリックルーム展開をする上で便利となりそうなとんぼ返りを採用しました。
持ち物は突撃チョッキと迷いましたが、持っていても晴れ炎技を受けきれるか怪しく思えたので、マリルリ以外の〆要因にもなれるスカーフを採用しました。
この他にも雑に撃てる叩き落とすも使いたかったですが、どの技も切れず見送りました、いつも使っている他の持ち物の型なら岩雪崩と選択だと思いますが。
スカーフととんぼ返りの相性は良く、ここの威嚇枠は最後まで悩みましたがこれでよかったと思います。





◎選出
・リザードン、ヒードラン + マリルリ、ランドロスorクレセリア
中速ポケモンが多くなおかつ炎の通りがいいときに出します。
晴れ+熱風(or火炎放射)+熱風で相手を蹴散すことが出来て爽快です。
また、リザードンにソーラービームがあるので、取り巻きにもよりますが雨に対してもリザードンを先発で出していきます。

・クレセリア、ランドロス + マリルリ、ユキノオー(orヒードラン)
トリックルームのエースを勝ち筋とするときに出します。
裏のエースの倒しきれなかった時の被弾量を減らせるよう威嚇をまいて軽減して、「とんぼ返り(もしくは交代)+トリックルーム」を同じターンに決めれるようにします。

・ヒードラン、ランドロス + リザードン、クレセリア(orマリルリ)
リザードンやサーナイト、ボーマンダ軸のパーティに出します。
ランドロスで上から削ったりとんぼ返りで「リザドラン」やトリックルームを展開します。






いつものボルトロスとメガガルーラが入っていなくとても不安でしたが、いつもメガガルーラは最強のポケモン耐久化身ボルトロスに対して1:1以上取れる強いコマ(+低速ポケモンにも強い)という認識で採用していたので、そう考えるとメガユキノオーでも問題ないかと思いました。
サークル大会では思ったよりボルトランドが少なく、ユキノオーが刺さらず結局リザドランでしたが、読み外しもプレイイングミスも最小限に抑えられてよかったです。
久しぶりに大会で優勝できたの嬉しいですし、ダブルバトルのサークル大会は3大会連続全て優勝を続けているのでサンムーンも頑張っていきます!
ここまで読んでいただきありがとうございました。



スポンサーサイト

テーマ : ポケモン
ジャンル : ゲーム

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ご質問、ご要望はこちらにどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文: